• カテゴリーから選ぶ
HOME > 名作アニメ

名作アニメ/年代流行

幼かった当時はアニメのヒーローやヒロインに憧れたましたね!

1960年代 名作アニメ

1970年代 名作アニメ

1980年代 名作アニメ

1990年代 名作アニメ

2000年代 名作アニメ

名作アニメ特集/年代流行

日本アニメの歴史/年代流行

日本のアニメは大正期にかけて外国から輸入されたアニメーション映画の人気を受けて製作された。1917年に下川凹天、幸内純一、北山清太郎の3人がそれぞれ別個にアニメ作品の製作を手がけた。

諸外国と同じく当初作られていたアニメは数分程度の短編映画が多かった。作り手も個人もしくは少人数の工房での家庭内手工業に準ずる製作体制で、生産本数も少なく、生産の効率化を可能とするセル画の導入も遅れていた。

1930年前後にセル画が使われ始まるまでは、日本では、フランスなどと同様、切り絵によるアニメが主流であった。

1942年日本初の長編アニメーション『桃太郎の海鷲』を発表。

1953年にテレビ放送が始まると、番組内の一コーナーでアニメを使用する番組が作られたが、一回の放送も数分程度のものが多かった。

1963年に放送が始まった『鉄腕アトム』は、週1回放送の30分番組という後のテレビアニメの基本形態を作り、日本におけるテレビアニメシリーズの嚆矢と位置付けられている。