• カテゴリーから選ぶ

ベン・ハー(映画)/年代流行

スポンサーリンク

ベン・ハー
  • 1960年4月【222分】MGM
  • 監督:ウィリアム・ワイラー
  • 原作:ルー・ウォレス
  • 出演:チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、ヒュー・グリフィス その他多数

【解説】
ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。

【あらすじ】
西暦1世紀の初め、ユダヤがローマ帝国の支配下にあった頃の話。ユダヤの都エルサレムにローマ駐屯軍の新将校が着任した。メッセラである。彼はこの地の豪族の息子ベン・ハーと幼な友達だった。しかし、メッセラは立身出世主義者となっており、ベン・ハーと今は相いれなかった。
ある事件からベン・ハーの一家がローマへの反逆罪に問われた時、メッセラは無罪の口添えをこわれたが、拒否した。ために、ベン・ハーの母と妹は地下牢に入れられ、ベン・ハー自身は奴隷としてローマ軍船へ送られた。
途中、砂漠で渇に倒れようとした時、飲み水を恵んでくれた人があった。ベン・ハーはこの人を忘れなかった。ローマ艦隊が海賊船団と戦った際、ベン・ハーは司令官アリアスの命を救った…。

ベン・ハー 画像検索(by google)

ベン・ハーLoading...

HOMEへ戻る