• カテゴリーから選ぶ

ライムライト(映画)/年代流行

スポンサーリンク

ライムライト
  • 1953年2月【137分】
  • 監督:チャールズ・チャップリン
  • 原作:チャールズ・チャップリン
  • 出演:チャールズ・チャップリン、クレア・ブルーム、バスター・キートン その他多数

【解説】
喜劇王チャールズ・チャップリンが最後にアメリカで製作した後期の代表作。1914年のロンドンを舞台に、かつての花形喜劇役者・カルベロと、リューマチで脚が動かなくなり自殺を図った若きバレリーナ・テリーの心の交流が描かれる。

【あらすじ】
第一次大戦前、ロンドンでの物語である。カルヴェロはミュージック・ホールの道化師で、かつてはイギリス最大の芸風を謳われたが、中年をすぎた今はすっかり落ちぶれてしまった。
ある日、彼が酔ってアパートに帰ってみると、美しい女が自殺を企てて意識不明になって倒れていた。カルヴェロは大急ぎで医者を呼び彼女を手当てしたので幸い息を吹きかえした。彼はその女がすっかり回復するまで自室におくことにした。
女はテリーというバレエの踊り子で、自分の芸術に見限りをつけてしまったのだ。彼女はもう踊ることも歩くことも出来ないといい、生きる希望を全く失っていた…。

ライムライト 画像検索(by google)

ライムライトLoading...

HOMEへ戻る