• カテゴリーから選ぶ

ローマの休日(映画)/年代流行

スポンサーリンク

  • 日本公開日:1954年4月27日
  • 上映時間:118分
  • 配給:パラマウント映画会社
  • ジャンル:ロマンス/コメディ
  • 監督:ウィリアム・ワイラー
  • 原作:アイアン・マクラレン・ハンター
  • 出演:オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック、エディ・アルバート、テュリオ・カルミナティ、パオロ・カルリーニ

【解説】
ローマを舞台に某小国の王女と新聞記者とのロマンチックで切ない恋の夢物語。あまりにも有名な"世紀の妖精"オードリーのアメリカ映画デビュー作。

【あらすじ】
ヨーロッパ最古の王室の王位継承者であるアン王女は、欧州各国を親善旅行で訪れていた。ローマでも公務を無難にこなしていくアン。
だが実は、彼女はこれまでのハードスケジュールで疲れやストレスが溜まっていた。主治医に鎮静剤を投与されるものの、気の高ぶりからか逆に目が冴えてしまった彼女は、こっそり夜のローマの街へ繰り出すことに。
やがて、薬が効いてくるとベンチで寝入ってしまうアン。そこへ偶然通りかかったアメリカ人の新聞記者ジョーは、彼女を一国の王女であることも知らずに自分のアパートで休ませるのだが…。

ローマの休日 画像検索(by google)

ローマの休日Loading...

HOMEへ戻る