• カテゴリーから選ぶ
HOME > 2017年流行 > 2017年 ヒット商品(食品)

2017年 ヒット商品(食品)/年代流行

スポンサーリンク

明治 ザ・チョコレート

明治 ザ・チョコレート

「五感で味わうチョコレート」として人気の明治『ザ・チョコレート』。本格的なビターで大人な味わいと、お菓子売り場で一際目を引くクラシカルなパッケージがヒットし、人気のあまり生産が追いつかず、一時販売休止となるフレーバーも出てきた。ラインナップも発売当初からどんどん増え、それぞれカカオの含有量が異なり、味わいも全て違う。

クラフトボス

クラフトボス

あまりの売れ行きから発売からわずか3日で出荷休止となった。「クラフトボス」のフレーバーはブラックとラテの2種類。すっきりとした「ブラック」は、水出しコーヒーのようで飲みやすいと大好評。出荷休止となるまで人気が爆発した「ラテ」は、ミルク感たっぷりでごくごく飲めるため、仕事や作業のお供に最適とのこと。カフェオレより甘さ控えめで500m入ってるけど飽きずに飲める。

KOIKEYA PRIDE POTATO

KOIKEYA PRIDE POTATO

「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズは、6日より全国コンビニエンスストア、13日より全国スーパーマーケットなど一般チャネルにて発売を開始したポテトチップス。北海道今金町産の幻のじゃがいも“今金男しゃく”を使用したり平釜で丁寧に炊きあげられた長崎県産の塩を使用するなどこだわりのポテトチップスのため販売の一時休止を余儀なくされるほど人気となった。

甘酒

甘酒

美容と健康に良いと昨年人気に火がつき2017年は更に甘酒ブームが本格化した。カロリーオフ甘酒(大関)や、豆乳ブレンド甘酒(マルコメ)、アイス甘酒など新商品が続々登場した。本来は、甘酒が持つ栄養価の高さから夏の栄養補給・夏バテ対策として飲まれてきた。
外食産業では、回転寿司大手「くら寿司」が甘酒をベースにした炭酸飲料の「シャリコーラ」を発売し、一時は販売休止に追い込まれるほどの大ヒットとなった。

ロールアイス

ロールアイス

ロールアイスとは、アイスクリームを薄く伸ばして丸めたもののこと。マイナス20℃以下のコールドプレートの上に液状のクリームをのせて作られる。果肉やチョコなどを追加し、混ぜながら薄く伸ばして最後は丸めて完成。作っている過程を見ているのが楽しいだけでなく、できあがりもおしゃれなのでSNS映えすると人気となった。

カップケーキ

カップケーキ

そのキュートなヴィジュアルに魅了される人が後を絶たないカップケーキ。このブームを牽引しているのは、海外から日本に初上陸したカップケーキ専門店。一昨年6月には海外ドラマのヒットで知名度が急上昇したNY発の『マグノリア・ベーカリー』が表参道に、そして昨年10月にはロンドンから『ローラズ・カップケーキ』が原宿にそれぞれ上陸した。

和スイーツ

和スイーツ

和スイーツとは、和の食材を使ったスイーツのこと。例えばきな粉や抹茶を練り込んだシフォンケーキや豆腐を使ったブラマンジェなどの西洋菓子に日本的な和の食材をドッキングしたスイーツのこと。コンビニでもコーナーを設けてさまざまな和スイーツを揃えているところがあったり、人気の和スイーツをランキング形式で掲載しているサイトもあるほど注目度が高まった。

日清カレーメシ

日清カレーメシ

カレーメシとは、ルゥでもレトルトでもない、お米とルゥが混ざった状態で出来上がる “第3のカレー” と呼ぶべき新ジャンルのカレー。数種類の味はそれぞれコリアンダー、ターメリックやジンジャーなどのスパイスやバターのコク、隠し味のオニオンやココア、フルーツチャツネの味わいが効いていてルゥへのこだわりが感じられます。さらに後味がスパイシーで、インスタントとは思えないほど激ウマ。

2016年のヒット商品(食品)

ページTOPへ HOMEへ戻る