• カテゴリーから選ぶ
HOME > 2010年代流行 > 2010年代 流行した電化製品

2010年代 流行した電化製品/年代流行

スポンサーリンク

iPad(アップル)

iPad

アップルによって2010年に販売されているタブレット型コンピューター。同社が発売するポータブルメディアプレーヤーであるiPod touchやスマートフォンであるiPhoneを踏襲しており、マルチタッチによる操作方法やユーザーインターフェースのデザインなど多くの機能が共通化されている。さらには電子書籍の購読ができるなど、新たな機能が搭載された。

3Dテレビ

3Dテレビ

3Dテレビとは、立体的(3D)な映像を見ることができるテレビのこと。2010年から、パナソニック、ソニー、サムスン電子など家電大手各社が3Dテレビの販化を開始した。当初は大々的に売り出したが、高額な価格帯、コンテンツ不足、3D眼鏡の着用、頭痛などの身体的負担などの要因からすぐに衰退していった。

4Kテレビ

4Kテレビ

4Kテレビとは、フルハイビジョン(約207万画素)の4倍の約829万画素もの緻密な画素数で表示できるテレビのこと。流れる髪の一本にいたるまでくっきりと、跳ねる水滴のひと粒にいたるまで鮮やかに再現できる。東芝が2011年12月に、世界で初めて4Kテレビ(55型)を発売した。

GOPAN(パナソニック)

GOPAN

パナソニックが発売しているホームベーカリー機器。白米、玄米、あるいは雑穀を混ぜた米から米パンを作ることができる他、従来のホームベーカリーと同様に小麦粉だけで作るパン、うどん・パスタ生地や餅などの作成にも対応している。2010年11月の発売開始から約1~2ヶ月待ちという人気状態になり、2011年9月末までの国内累計販売台数が約16万台を達成した。

プチ食洗(パナソニック)

プチ食洗

少人数世帯をターゲットにした卓上型食器洗い機で本体サイズは470(幅)×460(高さ)×300(奥行)mmのコンパクト設計。2012年の発売とほぼ同時に行なわれているCM効果もあり人気商品となった。

ふとん専用クリーナー(レイコップ)

ふとん専用クリーナー

ふとん専用に開発された掃除機で、紫外線ランプでダニや病原菌を殺しながら、アレルギーの原因になる物質を取り除いてくれる。口コミやメディアを通じて話題の商品として注目されるようになり、2014年1月末で累計販売台数100万台を達成した。

ノンフライヤー(フィリップス)

ノンフライヤー

2013年にフィリップスから発売された油を使わず揚げ物調理が出来る調理家電。最高200度の熱風を上から下へ高速に対流循環させる技術で食材全体を一気に加熱し、油で揚げなくてもサクサクの揚げ物を作ることができる。2013年4月の発売から2014年6月までの1年3カ月で30万台が売れる人気商品となった。

2000年代に流行した電化製品

ページTOPへ HOMEへ戻る