• カテゴリーから選ぶ
HOME > 1950年代流行 > 1950年代映画(洋画)ランキング > 翼よ!あれが巴里の灯だ

翼よ!あれが巴里の灯だ(映画)/年代流行

スポンサーリンク

翼よ!あれが巴里の灯だ
  • 1957年11月【135分】ワーナー・ブラザース
  • 監督:ビリー・ワイルダー
  • 原作:チャールズ・A・リンドバーグ
  • 出演:ジェームズ・スチュワート、マーレイ・ハミルトン、バートレット・ロビンソン その他多数

【解説】
世界最初の大西洋横断無着陸飛行の成功者チャールズ・A・リンドバーグの同名の自伝回想録の映画化。

【あらすじ】
1926年、ニューヨーク~パリ無着陸飛行の最初の成功者に与える25000ドルのオーテエイグ賞の設定が発表される。若きリンドバーグはそれを目指し、セントルイス飛行クラブ会長ナイト氏とともに、町の実業家を訪ねて資金の寄付をあおぐ。
銀行の頭取など町の有力者たちは経済上の支援者となり、飛行機の名は郷土の名をとって「セントルイス魂号」と名づけられた。が、肝心の飛行機は、これから買わなければない。まず見つけたニューヨーク、コロンビア航空会社のベランカ機は、操縦者のリンドバーグが無名だという理由で、買取を拒絶される。
失意のリンドバーグは次に後援者の紹介で、カリフォルニア州サン・ディエゴの小工場ライアン航空会社を訪れる…。

翼よ!あれが巴里の灯だ 画像検索(by google)

翼よ!あれが巴里の灯だLoading...

HOMEへ戻る