• カテゴリーから選ぶ

サムソンとデリラ(映画)/年代流行

スポンサーリンク

  • 日本公開日:1952年2月27日
  • 上映時間:128分
  • 配給:パラマウント日本支社
  • ジャンル:歴史劇
  • 監督:セシル・B・デミル
  • 原作:ハロルド・ラム、Vladimir Jabotinsky
  • 出演:ヘディ・ラマール、ヴィクター・マチュア、アンジェラ・ランズベリー、ジョージ・サンダース、ペドロ・デ・コルドバ

【解説】
神の祝福を受けたサムソンが、ペリシテ人の美女デリラによって怪力を失う、という聖書のサムソン譚をセシル・B・デミルが映像化。著名な伝説「サムソンとデリラ」の恋物語で、デミルが巨額を費やし完成した大作。

【あらすじ】
怪力無双のダン族のサムソン(ヴィクター・マチュア)は、ペリシテ人の娘セマダール(アンジェラ・ランズベリー)に求婚する。
サムソンの男らしさに横恋慕したセマダールの姉デリラ(ヘディ・ラマー)は、2人の仲を邪魔し、結婚式の席上サムソンを侮辱したため、彼は暴れだし、混乱の中でセマダールと父は死ぬ。
デリラは太守の寵妃となって太守をそそのかし、サムソンを捕らえるが彼は大暴れして逃げる。デリラはさらにサムソンに毒酒をのませ、怪力のもとである髪の毛を切ってしまう。力を失ったサムソンは囚われ、目をくりぬかれてしまう…。

サムソンとデリラ 画像検索(by google)

サムソンとデリラLoading...

HOMEへ戻る